タクシーの運転手は職人!免許の取得にも一定の条件があります

タクシーの運転手は職人です

タクシーの運転手は運転をすることがお仕事ですが、まさに、職人です。タクシーはお客さんを乗せてお客さんが指定する目的地まで送り届けますが、同じ目的地でも様々なルートがあるので、最短ルートを選択して走るために道を上手に組み立てる職人と言えるでしょう。目的地までのルートは信号が少ないルートや距離のみの最短ルートは目的地まで早く到着するルートなど様々ですが、お客さんが望むルートを選択しています。これらは職人技と言っても過言ではありません。

新人のタクシー運転手は会社独自の新人研修を行います

最初はみんなが新人ですが、新人のタクシー運転手は会社独自の研修を受けてから営業へでます。しかし、どんなに新人研修を行っても道は直ぐに覚えることはできませんが、実際に営業へ出てお客さんに道を教えてもらいながら様々な道を覚えていきます。道を覚えるためには休日でも地図を見て道の勉強をしていきます。タクシーには常に地図を積んでいるので、分からないときには地図を見て目的地までお客さんを送り届けます。新人でもお客さんから見たらタクシーの運転手なので、新人だからと言ってミスは許されることではありません。

タクシーの運転手になるためは特別な免許が必要です。

タクシーの運転手になるには普通自動車第二種免許証が必要不可欠です。しかし、誰でも取得できるのではなく、一定の条件を全てクリアしないと試験を受けることも不可能です。普通自動車第二種免許証を取得するためには、普通自動車第一種免許証を取得後3年が経過しており、21歳以上の者しか受験資格がありません。普通自動車第二種免許証を取得するには自動車学校へ通学して勉強をする必要がありますが、自動車学校を卒業後には免許センターや試験場などで学科試験を受ける必要があります。

役員運転手は厳しい研修を受けているので、運転だけでなく細かい応対の技術も高くて快適に利用することが出来ます。