どのような種類がある?蓄電池の種類と特徴

太陽光発電に使える安価で信頼性が高い鉛蓄電池

太陽光発電の普及と共に、その有効性が期待されているのが、蓄電池です。太陽から得られる電気エネルギーは安定していません。そのため、蓄電池に発電した電力を蓄積し、必要な時に取り出すのが有効ですね。太陽光発電に用いられる蓄電池として、鉛蓄電池があります。価格が安く信頼性が高いメリットがあり、車などにもよく使われています。ただし重量が重く、また繰り返しの充電で性能が低下していくというデメリットも有しています。

効率よく電力を蓄えるリチウムイオン蓄電池

電力を多く蓄えるために、蓄電池の開発が行われてきました。その成果として登場したのが、リチウムイオン電池です。スマートフォンのような携帯機器に多く使われているのが特徴ですね。エネルギー密度が高く、さらに充放電のエネルギー効率が優れている点で、注目を集めています。太陽光発電に用いる蓄電池としても、リチウムイオンのタイプは期待されています。今後の開発次第で、さらに高性能で安価なリチウムイオン充電池の登場に期待できるでしょう。

高効率でしかも安価なNAS蓄電池を太陽光発電で使用

蓄電池の開発により、新しいタイプの製品も登場しています。NAS蓄電池は、リチウムイオンに匹敵する高いエネルギー密度を有しているのが特徴です。なおかつ、リチウムイオン充電池よりも安価で、さらに寿命が長いというメリットがあります。太陽光発電で生み出した電力を蓄えるための蓄電池として、魅力的な性能を持っていますね。一方で、ナトリウムや硫黄といった危険物を素材とするため、点検やメンテナンスを必要とします。

フォーアールエナジーは、流行りの健康食品の中でも、豊富な栄養素が配合されていることがメリットといえます。