引越しでは片付けしながら荷造りをおこなう

荷物が少ないと引越し代が安くなる

引越しをするメリットは、今自分が持っている荷物を見直しができることです。引越しのために荷造りをする際に、ダンボールにひとつづつ詰めていくことになりますが、その際に荷物ひとつづつに関して、いるかいらないかを判断することになります。当然引越しでは荷物が少なければ、ダンボールの数も少なくなり、引越し代金が安く抑えることができますし、また自分がいらないと判断したものを、最近定着してきている中古品買取店で買い取ってもらうことができる可能性もあります。

持って行かないものは買取してもらう

洋服については、長い間使用していないものについて判断することになります。当然、自分に小さくなったものは着れませんし、流行遅れになったものについても中古品買取店でも、よほどのブランド品ではない限り買い取ってくれない可能性もあります。本については、最近では本の買取専門店もあり、多くの本があるケースでは、お店の担当者が買取に着てくれるお店もあるため、荷造りで忙しい時期には便利です。また一番考えるのがソファ等の大型品です。

大型品は引越し業者でも処分してくれる

大型品については、引越し先に入るのか、また入ったとしても、その部屋にある色や柄、作りなのかということもあります。大型品によってその部屋のイメージが大きく変わるために、また大型品は引越し時でも代金が高くなる傾向にあるため、持って行かずに引越し前に処分するケースもあります。大型品も同様に中古品として買取してくれるお店もありますし、またそれが買取できない場合には、引越し業者で処分してくれるケースもあります。

不用品の回収業者をかしこく使うことで、本来なら引き取り費用がかかる品目でも、無料になることがあります。