独立を考えている人必見!フランチャイズの仕組み

フランチャイズとチェーン店の違いとは?

フランチャイズとチェーン店は、両者とも複数の店舗が、同じ看板を出したり、同じ商品を売っているので、表向きは同じもののように見えてしまうでしょう。しかし両者には経営形態に大きな違いがあります。チェーン店は会社本部の直営店であるため、経営権は会社本部が持っていますが、フランチャイズの場合は、それぞれの店舗が会社本部から独立した経営権を持っています。なので、チェーン店の店長は会社本部の社員になりますが、フランチャイズの店長は経営者という位置づけになります。

フランチャイズのシステムとは?

フランチャイズは、大手企業が持っている商標や流通サービス、そして経営ノウハウなどを、一つのパッケージにして加盟者(店舗の経営者)に提供するというというシステムを持っています。つまり、店を始めるために必要なあらゆるものを提供してもらえるため、一からすべてを用意する必要がないということです。そして加盟者が、そのサービスを提供してもらう代わりに「ロイヤリティ」と呼ばれる利用料を支払うことで、フランチャイズビジネスが成立します。

フランチャイズのメリットとは?

フランチャイズのメリットは、個人での独立や起業が始めやすいという点です。自分で一から店を持つ場合は、さまざまなノウハウや手続きなどが必要ですし、成功率もそれほど高くないと言われています。しかしフランチャイズを利用すれば、開業から経営に至るまで、さまざまなサポートを受けることが出来るため、開業の取り組みが始めやすいと言えます。さらに開業したあとも、ブランドイメージを利用できるため、比較的安定した経営が可能だと言えるでしょう。

代理店の募集のサービスは、大手企業の間で重要な課題として捉えられており、外注の費用をじっくりと検討することが大事です。